言語の選択:

メニュー/MENU

大学院国際学術研究院大学院人文科学研究院大学院社会科学研究院大学院理学研究院大学院情報学研究院大学院工学研究院大学院園芸学研究院大学院医学研究院大学院薬学研究院大学院看護学研究院大学院人文公共学府大学院専門法務研究科大学院教育学研究科大学院融合理工学府大学院園芸学研究科大学院医学薬学府大学院看護学研究科大学院総合国際学位プログラム教育学部附属図書館医学部附属病院環境リモートセンシング研究センター真菌医学研究センターアカデミック・リンク・センター共用機器センター先進科学センターグローバル関係融合研究センター海洋バイオシステム研究センターソフト分子活性化研究センターハドロン宇宙国際研究センター分子キラリティー研究センターデザイン・リサーチ・インスティテュートフロンティア医工学センター環境健康フィールド科学センターバイオメディカル研究センター社会精神保健教育研究センター予防医学センター未来医療教育研究センター再生治療学研究センター子どものこころの発達教育研究センター植物分子科学研究センターアイソトープ実験施設経営戦略基幹国際高等研究基幹国際未来教育基幹グローバル・キャンパス推進基幹運営基盤機構情報戦略機構学術研究・イノベーション推進機構総合安全衛生管理機構人文社会科学系教育研究機構自然科学系教育研究機構未来医療教育研究機構千葉大学・上海交通大学国際共同研究センター西千葉地区事務部理工系総務課技術グループ

予防医学センター

研究者リスト >> 近藤 克則
 

近藤 克則

 
アバター
研究者氏名近藤 克則
 
コンドウ カツノリ
URLhttps://katsunorikondo.wixsite.com/website/cv
所属千葉大学
部署予防医学センター
職名特任教授
学位博士(医学)(千葉大学), 博士(社会福祉学)(日本福祉大学)
その他の所属一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構
J-Global ID200901046026104368

プロフィール

1983年千葉大学医学部卒業.東京大学医学部付属病院リハビリテーション部医員, 船橋二和(ふたわ)病院リハビリテーション科科長などを経て, 1997年日本福祉大学助教授.University of Kent at Canterbury(イギリス)客員研究員(2000-2001),日本福祉大学教授を経て, 2014年4月から千葉大学教授,2016年4月から国立長寿医療研究センター老年学評価研究部長.「健康格差社会ー何が心と健康を蝕むのか」(医学書院,2005)で社会政策学会賞(奨励賞)受賞. 「健康格差縮小を目指した社会疫学研究」で,2020年「日本医師会医学賞」受賞

研究キーワード

 
長寿科学(老年学) ,政策評価 ,医療・福祉政策 ,健康の社会的決定要因 ,健康格差 ,longivity science ,policy science ,social epidemioligy ,health services research

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 

経歴

 
2024年4月
 - 
現在
一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構  研究部長 Director of Research Department
 
2024年4月
 - 
現在
千葉大学 予防医学センター 特任教授 名誉教授、グランドフェロー
 
2016年
 - 
2024年3月
国立長寿医療研究センター 老年学・社会科学研究センター 老年学評価研究部 部長 
 
2014年4月
 - 
2024年3月
千葉大学 予防医学センター 教授 
 
2009年
 - 
2014年3月
~ 大学院医療・福祉マネジメント研究科長   
 

学歴

 
 
 - 
1983年
千葉大学 医学部 
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
医療経済学会  理事
 
2020年4月
 - 
現在
日本疫学会  上級疫学専門家
 
2018年1月
 - 
現在
一般社団法人 日本老年学的評価研究機構  代表理事
 
2018年1月
 - 
現在
日本老年社会科学会  理事
 
2018年2月
 - 
2020年2月
日本疫学会  理事
 

受賞

 
2024年3月
日本社会関係学会, 学会賞特別賞,近藤克則著「健康格差社会-何が心と健康を蝕むのか」第2版,医学書院,2022
 
2024年2月
日本看護協会、ジョンソンエンドジョンソン日本法人, ヘルシー・ソサエティ賞,パイオニア・チャレンジ部門
 
2023年9月
中山人間科学振興財団, 中山賞大賞,健康格差のヒューマンサイエンス
 
2020年
日本医師会, 医学賞,健康格差縮小を目指した社会疫学研究
近藤克則 
 
2006年
社会政策学会奨励賞(「健康格差社会」-何が心と健康を蝕むのか.2005)
 

論文

 
 
Y Matsuyama   J Aida   K Kondo   K Shiba   
Journal of dental research   103(4) 369-377   2024年4月
Tooth loss is prevalent in older adults and associated with functional capacity decline. Studies on the susceptibility of some individuals to the effects of tooth loss are lacking. This study aimed to investigate the heterogeneity of the associati...
 
Chie Koga   Tami Saito   Masamichi Hanazato   Naoki Kondo   Masashige Saito   Toshiyuki Ojima   Katsunori Kondo   
Scientific Reports   14(1)    2024年3月
Abstract

Housing tenure is an important aspect to determine health. However, even though renters tend to have more socioeconomic disadvantages than homeowners, mortality risk between private and public renters compared with homeowners remains unc...
 
Taishi Tsuji   Satoru Kanamori   Ryota Watanabe   Meiko Yokoyama   Yasuhiro Miyaguni   Masashige Saito   Katsunori Kondo   
European review of aging and physical activity : official journal of the European Group for Research into Elderly and Physical Activity   21(1) 8-8   2024年3月
BACKGROUND: Older adults who engage in group sports and exercises achieve greater health benefits than those who exercise by themselves. The benefits of group participation may vary depending on the type of sports/exercise they engage in. The pres...
 
Noriko Nakazawa   Kenji Takeuchi   Taro Kusama   Sakura Kiuchi   Katsunori Kondo   Ken Osaka   
Journal of prosthodontic research      2024年3月
PURPOSE: Depression is a leading cause of disability. Although tooth loss increases the risk of depressive symptoms, it is unclear whether dental prosthesis use moderates this risk. This study aimed to investigate whether dental prosthesis use mod...
 
Yu-Ru Chen   Masamichi Hanazato   Masashige Saito   Chie Koga   Yoko Matsuoka   Hiroaki Yoshida   Katsunori Kondo   
Health & place   86 103223-103223   2024年3月
Japan's population has been aging steadily, evidenced by it spending JPY 11 trillion (USD 110 billion) on annual long-term care (LTC) costs in 2021. In this context, understanding the factors influencing LTC costs has become increasingly vital. Al...

MISC

 
 
坂本和則   坂本和則   河口謙二郎   河口謙二郎   井手一茂   池田登顕   池田登顕   近藤克則   近藤克則   
総合リハビリテーション   52(2)    2024年
 
長谷田真帆   尾島俊之   近藤克則   近藤克則   近藤尚己   
日本疫学会学術総会講演集(Web)   33rd    2023年
 
高杉友   辻大士   大塚理加   宮國康弘   宮國康弘   近藤克則   近藤克則   尾島俊之   
日本疫学会学術総会講演集(Web)   33rd    2023年
 
谷友香子   花里真道   藤原武男   鈴木規道   近藤克則   
日本疫学会学術総会講演集(Web)   33rd    2023年
 
中村 恒穂   井手 一茂   鄭 丞媛   髙橋 聡   香田 将英   尾島 俊之   近藤 克則   
厚生の指標 = Journal of health and welfare statistics / 厚生労働統計協会 編   70(1) 16-23   2023年1月

書籍等出版物

 
 
近藤 克則
医学書院   2018年   (ISBN:9784260036740)   
 
近藤 克則
医学書院   2017年   (ISBN:9784260028813)   
 
近藤 克則
医学書院   2007年3月1日   (ISBN:4260004328)   
 
近藤 克則(担当:単著)
医学書院   2005年9月1日   (ISBN:4260001434)   

講演・口頭発表等

 
 
佐々木由理   相田潤   辻大士   小山史穂子   谷友香子   斎藤民   近藤克則   近藤克則   
日本公衆衛生学会総会抄録集   2019年10月10日   
 
尾島俊之   平井寛   中川雅貴   相田潤   斉藤雅茂   近藤克則   
日本公衆衛生学会総会抄録集   2019年10月   
 
髙橋聡   香田将英   斉藤雅茂   近藤克則   
日本公衆衛生学会総会抄録集   2019年10月   
 
野口泰司   斉藤雅茂   相田潤   辻大士   小山史穂子   宮國康弘   池田登顕   小坂健   近藤克則   
日本公衆衛生学会総会抄録集   2019年10月   
 
加藤 清人   竹田 徳則   林 尊弘   平井 寛   鄭 丞媛   近藤 克則   
日本公衆衛生学会総会抄録集   2018年10月   日本公衆衛生学会   

所属学協会

 
 
   
 
社会政策学会
 
   
 
日本社会福祉学会
 
   
 
日本公衆衛生学会
 
   
 
日本老年社会科学会
 
   
 
医療経済学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
国際比較可能な高齢者の長期追跡データベースの整備と因果推論
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
佐藤 豪竜 近藤 克則 野口 晴子 
研究期間: 2023年4月 - 2027年3月
 
複数大型コホートとNDBや病院データを活用した、口腔の状態と全身の健康の因果推論
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
相田 潤 山本 龍生 近藤 克則 笛木 賢治 石丸 美穂 木野 志保 小坂 健 財津 崇 松山 祐輔 
研究期間: 2023年4月 - 2027年3月
 
ビッグデータ活用による健康寿命延伸と医療・介護費抑制に資する口腔のエビデンス創出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
竹内 研時 近藤 克則 相田 潤 小坂 健 草間 太郎 福田 治久 古田 美智子 大野 幸子 佐藤 俊太朗 
研究期間: 2022年4月 - 2027年3月
 
Age Friendly Cities指標を用いた介護予防政策評価と社会実装研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
鄭 丞媛 近藤 克則 尾島 俊之 井上 祐介 井手 一茂 宮國 康弘 山本 浩史 山内 圭 岸本 由梨枝 
研究期間: 2021年4月 - 2026年3月
 
地域のソーシャル・キャピタルの醸成と認知症予防に向けた地域づくりに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
藤原 聡子 近藤 克則 辻 大士 宮國 康弘 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月