言語の選択:

メニュー/MENU

大学院国際学術研究院大学院人文科学研究院大学院社会科学研究院大学院理学研究院大学院工学研究院大学院園芸学研究院大学院医学研究院大学院薬学研究院大学院看護学研究院大学院人文公共学府大学院専門法務研究科大学院教育学研究科大学院融合理工学府大学院園芸学研究科大学院医学薬学府大学院看護学研究科大学院総合国際学位プログラム教育学部附属図書館医学部附属病院環境リモートセンシング研究センター真菌医学研究センターアカデミック・リンク・センター共用機器センター統合情報センター先進科学センターグローバル関係融合研究センター海洋バイオシステム研究センターソフト分子活性化研究センターハドロン宇宙国際研究センター分子キラリティー研究センターデザイン・リサーチ・インスティテュートフロンティア医工学センター環境健康フィールド科学センターバイオメディカル研究センター社会精神保健教育研究センター予防医学センター未来医療教育研究センター再生治療学研究センター子どものこころの発達教育研究センター植物分子科学研究センターアイソトープ実験施設経営戦略基幹グローバルプロミネント研究基幹国際未来教育基幹グローバル・キャンパス推進基幹運営基盤機構学術研究・イノベーション推進機構総合安全衛生管理機構人文社会科学系教育研究機構自然科学系教育研究機構未来医療教育研究機構千葉大学・上海交通大学国際共同研究センター西千葉地区事務部理工系総務課技術グループ

予防医学センター

研究者リスト >> 江口 哲史
 

江口 哲史

 
アバター
研究者氏名江口 哲史
 
 
URL
所属千葉大学
部署予防医学センター
職名講師
学位博士(理学)(愛媛大学理工学研究科)
J-Global ID201101050272124632

プロフィール

ヒト血中の汚染物質を分析し、
内因性ホルモンやメタボロームとの関係を研究しています。
Google scholarページ
http://scholar.google.com/citations?user=in2FlHwAAAAJ

研究キーワード

 
メタボロミクス ,分析化学 ,代謝物 ,臭素系難燃剤 ,残留性有機汚染物質 ,環境化学 ,Analytical Chemistry ,Metabolites ,Brominated Flame Retardants ,Persistent Organic Pollutants ,Enviromental Chemistry

研究分野

 
  • 環境・農学 / 化学物質影響 / 
  • 環境・農学 / 放射線影響 / 
  • 環境・農学 / 化学物質影響 / 
  • 環境・農学 / 放射線影響 / 

経歴

 
2022年2月
 - 
現在
千葉大学 予防医学センター 講師 
 
2020年12月
 - 
現在
東京大学 大学院医学系研究科 国際保健学専攻国際社会医学講座 特任研究員 
 
2020年7月
 - 
現在
慶應義塾大学 医学部医療政策・管理学教室 非常勤研究員 
 
2016年6月
 - 
2022年1月
千葉大学 予防医学センター 助教 
 
2014年4月
 - 
2016年6月
千葉大学 予防医学センター 特任助教 
 

論文

 
 
Xiayun Wan   Akifumi Eguchi   Akemi Sakamoto   Yuko Fujita   Yong Yang   Youge Qu   Masahiko Hatano   Chisato Mori   Kenji Hashimoto   
Brain, behavior, & immunity - health   27 100573-100573   2023年2月
The spleen is a key immune-related organ that plays a role in communication between the brain and the immune system through the brain-spleen axis and brain-gut-microbiota axis. However, how the gut microbiota affects spleen and brain function rema...
 
Yong Yang   Akifumi Eguchi   Xiayun Wan   Lijia Chang   Xingming Wang   Youge Qu   Chisato Mori   Kenji Hashimoto   
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   120 110652-110652   2023年1月
The α7 subtype of the nicotinic acetylcholine receptor (α7 nAChR: coded by Chrna7) is known to regulate the cholinergic ascending anti-inflammatory pathway. We previously reported that Chrna7 knock-out (KO) mice show depression-like behaviors thro...
 
Kodai Motohira   Yared Beyene Yohannes   Yoshinori Ikenaka   Akifumi Eguchi   Shouta Mm Nakayama   Victor Wepener   Nico J Smit   Johan Hj VAN Vuren   Mayumi Ishizuka   
The Journal of veterinary medical science      2023年1月
Dichlorodiphenyltrichloroethane (DDT) is an organochlorine insecticide used worldwide. Several studies have reported the toxic effects of DDT and its metabolites on steroid hormone biosynthesis; however, its environmental effects are not well unde...
 
Youge Qu   Akifumi Eguchi   Xiayun Wan   Li Ma   Lijia Chang   Jiajing Shan   Yong Yang   Chisato Mori   Kenji Hashimoto   
Psychiatry research   320 115020-115020   2022年12月
3,4-Methylenedioxymethamphetamine (MDMA), the most widely used illicit compound worldwide, is the most attractive therapeutic drug for post-traumatic stress disorder (PTSD). Recent observational studies of US adults demonstrated that lifetime MDMA...
 
Xingming Wang   Akifumi Eguchi   Yong Yang   Lijia Chang   Xiayun Wan   Jiajing Shan   Youge Qu   Li Ma   Chisato Mori   Jianjun Yang   Kenji Hashimoto   
Neurobiology of disease   176 105951-105951   2022年12月
Multiple sclerosis (MS) is the most common demyelinating disease that attacks the central nervous system. Dietary intake of cuprizone (CPZ) produces demyelination resembling that of patients with MS. Given the role of the vagus nerve in gut-microb...

MISC

 
 
江口 哲史   
日本毒性学会学術年会   49.1 S29-4   2022年
環境中に存在する化学物質が、ヒト・動物の健康に悪影響を及ぼしていることが懸念されている。既存研究の多くにおいては、残留性有機汚染物質など、特定の化合物群をターゲットとした計測を行い、曝露影響の調査が進められてきた。一方、毒物・環境汚染物質のデータベースであるT3DBには3600種以上、うち約1/3が汚染物質として毒性発現メカニズムを含めてデータベースに登録されている。このような多様な化学物質をすべてモニタリングすることは困難であるが、近年質量分析計を用いた、ノンターゲット・ワイドターゲット...
 
野見山 桂   山本 恭央   江口 哲史   西川 博之   水川 葉月   横山 望   市居 修   滝口 満喜   中山 翔太   池中 良徳   石塚 真由美   国末 達也   
環境ホルモン学会研究発表会要旨集   23回 55-55   2021年9月
 
高橋厚   江口哲史   松神秀徳   梶原夏子   
環境化学討論会要旨集(CD-ROM)   29th    2021年
 
江口哲史   松神秀徳   高橋厚   梶原夏子   
環境化学討論会要旨集(CD-ROM)   29th    2021年
 
藤森 崇   江口 哲史   寺田 彩乃   高岡 昌輝   
廃棄物資源循環学会研究発表会講演集   32 253   2021年
塩素源共存下でのプラスチックの燃焼に伴い、塩素化ダイオキシン以外にもクロロベンゼン類、ポリ塩化ビフェニル類などが生成する。それらの組成について詳細に研究を行った例は限られている。本研究では4種類の塩素フリーなプラスチックに無機塩素を添加し、焼却試験を行った際に、どのような有機塩素化合物が生成するかについて、燃焼時に生じる排ガス、燃焼残渣、壁面付着物3種の媒体を用いて比較した。比較のため、2種類の塩素含有プラスチックも焼却試験に供した。プラスチックの素材や媒体における芳香族有機塩素化合物の組...

書籍等出版物

 
 
Healy, Kieran, 瓜生, 真也, 江口, 哲史, 三村, 喬生, 講談社サイエンティフィク
講談社   2021年1月   (ISBN:9784065164044)
 
Zheng, Alice, Casari, Amanda, ホクソエム
オライリー・ジャパン,オーム社 (発売)   2019年   (ISBN:9784873118680)
 
江口, 哲史, 石田, 基広
共立出版   2018年10月   (ISBN:9784320112445)

講演・口頭発表等

 
 
Akifumi Eguchi   Kenichi Sakurai   Tamotsu Kato   YumikoNakanishi   Hiromi Tanabe   Yumi Sato   Midori Yamamoto   MasahiroWatanabe   Hiroshi Ohno   Chisato Mori   
第21回環境ホルモン学会研究発表会   2018年12月   
 
高谷 一成   江口 哲史   中岡宏子   鈴木規道   戸高恵美子   森千里   
第21回環境ホルモン学会研究発表会   2018年12月   
 
柳瀬加那   江口哲史   山本緑   櫻井健一   渡造応宏   戸高恵美子   森千里   
第21回環境ホルモン学会研究発表会   2018年12月   
 
江口 哲史   
2nd chemical Hazard Symposium   2018年12月   
 

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
サスティナブル環境健康科学 (千葉大学大学院医学薬学府修士課程医科学専攻)

所属学協会

 
 
   
 
日本環境化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
小型魚類の定量的フェノーム解析を基盤とした化学物質の発生毒性評価と作用機序解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
久保田 彰 近藤 大輔 川合 佑典 江口 哲史 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
体液・糞便中メタボローム解析を通じたヒト母子の化学物質曝露影響解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
江口 哲史 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
母体腸内細菌叢の変化を介した小児期肥満発症メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
櫻井 健一 江口 哲史 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
胎児期化学物質曝露が動脈硬化症に及ぼす影響のエピゲノム及び血管生物学的解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
森 千里 江口 哲史 櫻井 健一 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
 
マルチオミクス指標を用いた児の健康影響評価法と胎児期からの新しい予防医学の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
森 千里 花里 真道 戸高 恵美子 江口 哲史 櫻井 健一 鈴木 規道 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月